スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

リードの長さ




びいが我が家に来たとき

我が家は3人家族

飼い主と

母&祖母(両者ともすでに他界)

飼い主は猫派ですがワンコも大好き

母は小さいころから飼ってれば大丈夫

祖母はワンコが苦手

(でもびいに一番話しかけてたのは祖母かな?

びいも祖母に近づくときはそ~~~っと近づいてました)

ワンコを家族に迎えるには

あまりほめられた環境ではない家族だったんですが

ワンコが苦手な人が身近にいたせいか

散歩中などに

人と接したり

すれ違う時など

びいとその人の間に飼い主が立つように心がけるようになりました

むろんリードは短く持って!

びいが勿論凶器だったこともあるんですが

ワンコが苦手な人は

ワンコが何かするかどうかなんか関係なく

そこに存在してるだけでも恐怖する場合がありますからね

世間では

「うちの子は何もしないんですよ」って言って

怖がってる人に構うことなく

リードを長くして人と接したり人ごみを歩いたりする人がいる模様

特に小型犬の飼い主に多いように思うのは偏見かな?





先週

ネットのニュースで見たんですが

愛知県のほうの狂犬病予防接種会場で

小型犬(ヨーキー)が中型犬にかみ殺され

ヨーキーの飼い主が市の管理責任を問う裁判を起こしたらしい

事件の概要は

受付のカウンターで手続きをしていたヨーキーの飼い主

その時後ろで並んでいた中型犬のほうにヨーキーは近づいて行ってかまれたそうな



びいはワンコが苦手で

以前、病院で

マルチーズによって来られて「ひぃ~~~ン」って言いながら椅子の下に隠れたことがあったんですが

その噛んだ中型犬もひょっとしたらワンコが苦手で

怖くて噛んでしまったのかもしれない

(そうでないかもしれない)

その場にいなかったから何とも言えませんが・・・

でも

この事件

お互いが

リードを短くして

トラブルを未然に防ぐよう心がけていれば起こらなかったんじゃないか?

愛するわが子を守るのは市ではなく飼い主じゃないか?

あろうことか

そのヨーキーの飼い主

オフリードだったらしい

ヨーキーの飼い主は自分が被害者だと思い込んでるようだが

被害者はヨーキーであって

飼い主が最大の加害者なのでは?

こういう人にはワンコを飼ってほしくはないなぁ・・・





スポンサーサイト

コメントを見る(6)

 by ミュウママ
でもね、こういう飼い主さん、増えてますよ。
たいがい「うちの犬は何にもしない、大丈夫よ」といいます。。
でも相手の犬が大丈夫ではない場合がたくさんあるし
犬が好きなひとばかりではないんだよね、世の中。
やっぱりラン以外の場所では、どんなに良い子であってもリードは着けていてほしい。
飼い主さんが状況にあったリード使いをしてほしいですね。
(たとえランであってもいきなりオフリードにするのもどうかと思っていますが)
この前友人に誘われて河川敷に散歩に行きました。
いろんな人が散歩してました。
河川敷に降りたとたんノーリードの小型犬が何頭か優来に向かっていきなり駆けていました。
優来はどうってことなく受け入れてましたけど、これがちょっと犬苦手な犬だったら
パニくって喧嘩になってもおかしくないですよね。しつこかったし。
飼い主さん、友人の新しい犬友さんだったようで、ずっとリードをはずさない私に「
はずしたら?はずしなさいよ」とさかんに勧める。
しばらく一緒に歩いたさきには、大型犬から小型犬までのノーリード軍団?が・・・・・。
確かに安定した犬が多かったけど、なかには呼び戻しができない子も離れてました。
さりげなく、相手がいやな思いしないようにリードをはずさない理由を伝えましたが。
最後までリードつけてた私は異常に神経質な飼い主のレッテル貼られたようです。
悲しいなぁ。
我が子の安全や責任、マナーは飼い主しか守れないと思います。
思いっきり走らせたいとか、わかるけど、時や場所、状況、考えないとね。
今度の日曜、動物愛護週間の行事に資格者として参加してきます。
リードを着ける大切さ、意味も啓発してきたいと思います。
ちなみに犬嫌いなひとがどんな犬を見たとき怖いと思うのか。
それはリードを思いっきり張ってぜえぜえ言いながら飼い主を引っ張ってお散歩している犬を見たときだそうです。
「ああ、あんなに勢いついていて、もし離れてきたらどうしょう、飛びかかられて噛みつかれるかもしれない」ってとても不安になるそうです。
長くなって、すんまそん(汗)
 by りんご
近所にも います。。。
ノーリードでお散歩のダックス。。

昨日、愛護フェスタで、愛と並んでいたら
後ろの人が 「あの。。間空いていています、つめてください。」っていうので
「わざとに間、空けているんですよ」って答えたのですが 相手には伝わらなかったかなぁ。。
前のワン、小型犬でチョロチョロしてたから、何かあったらやだな~~って思ったのよね~。。。
もちろん愛は 横で座らせていたけど。。。

うちも、うち以外では リードには得に気をつけるなぁ。
ノーリードで近づいてくるわんこには
『うちの犬、噛みますよ!』って叫びます^^;
他のドックランに行っても
その場の状況では ノーリードにはしないです。

飼い主がちゃんと守ってあげないと
ワンがかわいそうな思いをするだけですもね。。。
 by じ~な
私も同じ事思ってました。防げる事故なのになぁ・・って。私は心配性なので、絶対ってのはない気がして
我が家のワン同士でもチョコは食事時隔離するし
一緒に遊ばせないようにしてまーす。仲良く遊んでる子達見ると良い光景だなと思うのだけど、私なら自分の10倍以上の体格差の人と遊ぶのも怖いなと(笑)
悪気がなくても大きい子が悪者になりやすい世の中、外ではなお更だよね。私も小型犬飼いなんだけど正直ちっこいこ気が強い子多いよねぇー(^^;デューは何故か良く絡まれますわ。ワンが苦手な人にも注意だけど、
人が苦手なワンもいるのに可愛い~~とか騒ぎながらいきなり手を出す人も怖いなぁー
**ミュウママさん** by JIN
イヒヒヒヒヒヒヒ。
またまた早朝から超大作、ありがとさんです。
確かに最近増えてるような気が。
小型犬が増えてるからかな?
ワンコ飼いが増えるのは喜ばしいことなんですが、マナーの悪い方がその分増えるのは悲しいです。
ましてや、こんな事故が起こるなんて。
おお~、優来ちゃん、大人ですね~。
びいならパニクってますよ。
ちゃんとしてるつもりが神経質扱いなんて。
┐( -"-)┌ヤレヤレ...
**りんごさん** by JIN
大型犬を飼ってるとやっぱり事故があったら?とか考えてしまいますよね。
だからと思って気を使ってても・・・。
相手には伝わらなかったり。
なんかとくに小型犬の飼い主さんに多いように思うんですけどね。
ワンコ飼いが増えるのはいいんですがマナーも身につけてほしいです。
やっぱり愛するわが子を守るのはいちばん身近な飼い主ですもんね。
**じ~なさん** by JIN
ほんとにねぇ。
絶対防げたはずの事故ですよね。
大きいコ、小さいコが一緒に遊んでるのは微笑ましいんですけどね。
ワンコそれぞれに個性があって、ほかのワンコが苦手な子もいるし。
デュー君と一緒でびいもよく吠えられますよ。
そうそう!
人見知りのワンコ、気の小さいワンコにいきなり手を出す人もいますよね。
あれも確かに怖い。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

遅れる後ろ足

  • 2010年09月19日(日)
  • 健康



昨日はびいの病院の日

まあ

いつもの定期便

プラス

耳の再診

耳はパソコン壊れ中に

汚れがひどかったので診てもらってたんですが

今回の再診でもう大丈夫!

そして

気になったことがあったのでちょっくら相談



先々週くらいからかな?

立ってるときの後ろ足の幅が広がってて

歩いてるときのしっぽの振り方もいつもと違う・・・

そして

先週はじめごろから

後ろ足の動きが遅れてる・・・

いや、こういう表現しかしようがないんですが・・・



院長先生に診てもらったんですが

やっぱりちょっと衰えてきてるかなぁってことで・・・

(後ろ足が遅れるでちゃんとわかってもらえたのはやっぱりゴル飼いだからか?)

特に右足のかえりの反応が気になる様子

とりあえず

今までの関節のサプリに替えて

違う種類のサプリを飲むことに



もう

14年10か月も支えてるんやから

多少ガタがきてもしゃあないわなぁ・・・



もうちょっと頑張ってな?




コメントを見る(8)

 by りんご
後ろ足 遅れる。の表現 わかります。

びいさん、軽快にお散歩でスタスタ小走りだもね~^^
ゆっくりお散歩でいいんだよ~~^^
たまに、マッサージなんかもいいかもですね。
うちもももの時に マッサージしてた~。
調子がいいときは スタスタ~~って歩くけど
疲れてきたら 後ろ足がついていかなくて
足の甲?も 戻らない感じ? でした。
これ、わかりにくいですね^^;

 by ミュウママ
足が遅れる。
分かる、その表現。
りんごさんと同じ、私も獣医さんに習ってミュウさんにマッサージしてた。
散歩に行く前には必ず。ストレッチだよね。
寒い季節は念入りにしてから出かけたよ。
やらないよりやったほうがいい感じだった。
りんごさんのいう「足の甲もかえらない」っていうのは普通は肉球が地面に着くのが当たり前だけど
足の甲で地面を踏んでるってことでいいのかな?
「ナックリング」っていうんですって。
足腰のマヒとか衰えを診るとき獣医さんがわざと足の甲を地面につける
すると若い子の足はすぐ反応して肉球を下にして正しく立つんだけど
マヒしたり衰えてるとそのままか戻るのに時間がかかるのです。
ミュウさんなんて晩年はそのままでおしっこしてたりしたよ。
でもそういう形見つけたらすぐ戻してあげたほうがいいそうです。
JINさんも時々わざとナックリングさせてチェックしてみるといいよ。

しかし、14才10ヶ月。
すばらしい~。
びいさん、のんびりその調子で元気でいてね。
 by アレメイママ
あ!すごくわかります。うちのメイもそうです。ここ半年で次第に遅れてきました。今朝散歩に行こうとしたらバタッて倒れておきることができなくて、いよいよきたかとおもいましたが、しばらくしたら何事もなかったように歩きましたよ、年取るとこのようなことありですか?脳梗塞かなんかかなあ?びいさんぼちぼちいきましょうね
**りんごさん** by JIN
わかっていただけます?
なんか後ろ足がかなり力んでるような???。
おお~、なるほど!
マッサージですね。
うんうん、足の甲!
「ナックリング」というらしいですね。
びいはまだないですがよそのシニアブログで読みました。
だんだんとそうなっていくのかなぁ。
でもそれだけ頑張ってきたってことですよね。
**ミュウママさん** by JIN
わかっていただけます?
おお~、やっぱりマッサージがいいんですね。
まあ、人間でもいきなり動くのはよくないですもんね。
それに「ナックリング」
びいはまだないですが、よそのシニアブログで見ました。
年齢を重ねるといろいろ出てきますね。
でも、それだけ頑張ってるってこと。
それだけ長い時間支えてるんですもんね。
びいもまだまだ頑張ってほしいなぁ。
**アレメイママさん** by JIN
わかっていただけます?
やっぱりメイちゃんもですか?
まあ、長く頑張ってきたって証拠なのかもしれないですね。
(≧◇≦)エーーー!
倒れたんですか?
大丈夫なのかなぁ。
びいは倒れることはないですが、変な姿勢で寝てるとき、起き上がるのに時間がかかることがたまにあります。
脳梗塞???
なんでも血栓ができると細部にまで血がいきわたらないので足先が冷たくなるそうですよ。
メイちゃん、そうじゃなきゃいいですね。
 by じ~な
びいさんその年齢ではよっぽどシッカリしてる方だと思うわ!まだまだ頑張るで~って言ってるよ♪

**じ~なさん** by JIN
そうですね~。
ありがたいことです。
そして、まだまだ頑張ってほしいです。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

こだわり



表のブログはめでたく2周年を迎えました

本当なら

この日から裏ブログを始めるつもりだったんですがねぇ

まあ

思い通りにいかないのがシニアワンコライフなんでしょう





そもそも僕が『ブログ』というものに出会ったのは

2006年

言わずと知れた超超超有名な富士丸君のブログでした

『ブログ』は読むもので

自分で書くなんてそのころは思ってませんでした

2007年には

いろんなブログを読み漁って楽しんで

そのころから「びいのブログを始めてみるか?」って思ってみたり

でも

その当時

すでにどっぷりシニアワンコでしたからね

ブログを始めたはいいが

すぐに体調を崩して閉鎖する羽目になってしまうんじゃないか?

なんて思って「やっぱりやめよう」って思ったり

そんなジレンマの中で迎えた2008年

この年は

特に僕が見てた有名ブログのわんこ達が

次々に亡くなっていった悲しい年

しかもびいよりもみんな若かった・・・

そのころには

びいがこんなに元気なんだから

シニアゴールデンでもこんなに元気な子がいるんやで!

ってことを記録しておかないと!

っと思うようになり

いつかブログサーフィンやリンクダイビングで

びいブログにたどり着き

「こんな子がいたんやねぇ」

「うちの子も元気で頑張ってほしい!」

そう思っていただければなぁと思うようになりました

でも

まだ踏ん切りがつかないというか…



そんなときでした

超有名ブログの超有名ハイパーゴルさんが突然亡くなったのは!

あまりにもショックでした

まったく信じられなかった



「◯ーちゃんですら早くに亡くなって・・・」

(別に早くに亡くなるのが悪いってわけじゃないですよ)

「あの◯ーちゃんが?」

いやそんなことはない!

元気に年を重ねてるゴルも世の中にはいる!

びいがせっかくこんなに元気でいるんだから

紹介しなければ!



勝手に背中を押されたような気になって

びいブログを始めてしまいました

なので

びいブログは

楽しく!

元気良く!!!

いっぱい笑っていっぱい楽しんでいただければよいなぁって思ってるので

お涙ものの記事は書きたくなかったんです



とはいえ

ブログを進めていくうちに

たくさんの方に遊びに来ていただいて

でも

びいが体調を崩して亡くなった時

何の前置きもなしに

いきなりお別れするのもどうかな?

って思って

裏ブログ構想が!(ちょうど去年の手術のころかな?)

でも

体調が悪くなったり

悲しいこと、さみしくなること

それも含んでのシニアワンコライフだからなぁ

って思うようになった頃

びいが脳梗塞に

そしてフライング気味に

裏ブログスタート



まだ裏ブログについては

どういう方向でいこうか?

とフワフワした状態

今はびいの体調もいいので

当分の間は

飼い主の独り言ばかりになるかな?

そんなわけで

我ながら結構面倒くさいことになってしまってますが

表ブログに関しては

とりあえず

ゆずれない線があるんですよね~







コメントを見る(8)

 by ミュウママ
私ねぇ、シニアワンコのブログ、もっとたくさんあったほうがいいと思ってます。
ミュウさんが高齢になって、いろいろ悩みごとととかでてきて
同じようなワンコの様子が知れたら自分も頑張ろうと思えるし
病気治療のこととか書いてくれてたら参考にもなると思って。
でも探してもほとんどなかった。
若い子たちの「今日も元気でこれしたよ~」みたいなのばかり。
もちろんその様子もかわいいんだけど。
心寂しい、不安な気持ちを共有できるブログが欲しかったねぇ。
「きっとそういう飼い主さんはたくさんいるはずだから、あなたが始めなよ」
って友達に言われたけど。
ミュウさんの体調重視でやらなかったんだ。
オットさんがブログ開設すること、いやがってたし、ね。

JINさん、ありのままに書いてね、いろんなこと。
「うんうん」ってうなずいてくれるひと、たくさんいるはずだし
逆に落ち込んだり迷ったときに力を貸してくれるひともたくさんいると思います。

富士丸くんのブログはおもしろいよね。
飼い主さんの人生相談も笑えていい~~。
 by じ~な
わたし、びいさんブログ見つけた時ものすごくうれしかったよ!
ゴルにはネガティブ情報多いし、うちの先代犬も長寿とはいえなかったから元気な老犬を見るのは何よりうれしくてさ。生きてたらこんなかなって姿を見れるのもうれしいし、今いる子達へも夢が見れるんだものー。
うちもびいさんみたいに育ちますようにとかさ!
どんだけうれしかったか。
びいさん達長寿ゴルに励まされてる人は一杯いると思うよ!
闘病や介護も気にはなるけどあまり見ないの、
私がひねくれものなのかもだけど飼い主側の自己満足ってかこれだけやったよって記録のが多い気がして。
もちろん愛情一杯でステキなところも一杯なんだけどさ!私も今のところ裏日記はないけど、今ですら病院記録もあんま書かないうやむやにしてみたり(苦笑)
先代犬の病気の事も書かないの。克服したなら良い話だけど、もし同じ病気の人が見たらがっかりのネガティブ情報だからねぇ。色んな考えがあるけど、JINさんはJINさんが思うようにとにかくこれからもびいさんに会わせてね~~びいさんは私の大事な憧れの君なんだから(´∀`*)ポッ
 by かかお
こっちが更新されてるとドキッとしちゃいますが、
JINさんのつぶやきブログって考えるといいんですね。
ほんと、く~ちゃんの突然のお別れは最初、冗談かと思いました。
そうか、く~ちゃんがJINさんの背中を押してくれたんですね。
びいさんブログ、多くのゴル飼いさんが励みにしていると思います。
JINさん、びいさん、これからも沢山の人を元気にしてあげてね。
**ミュウママさん** by JIN
うんうん、確かにそれはそうかもしれないですね。
シニアワンコのブログ、最近増えてきましたけどまだ少ないかも。
とはいえやっぱり怖いんですよね。
ブログ始めたはいいけど、すぐに体調崩して休眠状態になってしまうんじゃないかとか。
最近はワンコの寿命も延びてきてるから、これからもっと増えてほしいって思います。
うちのブログは、あんまりためになることはないですが、ほかのブログにはそういうこと、期待しちゃいますね。
まあ、表ではびいがつぶやいて、こちらでは飼い主がつぶやいていこうかと思ってます。
**じ~なさん** by JIN
いえいえ、そんな風に言っていただいて恐縮ですよ。
僕自身もほかのシニアゴルのブログで、「そうそう」とか「へぇ~」とか共感したり感心したり笑ったり。
楽しませていただいてましたからね。
びいがこんなに元気でいてくれるんだから!
っていう気持ちで始めちゃいましたが。
やっぱり悩んだり、へこんだり…。
ネガティブになることもありますからね。
そういう諸々をこっちのブログでいまのところは書いていこうかと。
(≧◇≦)エーーー!
憧れの君だなんてぇ~。
ありがとうございます。
**かかおさん** by JIN
(〃⌒∇⌒)ゞえへへっ♪
実はこっそり更新ちうです。
まだちょっと方向性は定まってない感じですが、今のところは飼い主のつぶやきってことで。
ほんとですよね。
あの記事、何かの間違いか冗談であってほしいと思いました。
ショックでショックで・・・。
もちろん哲学さんの時もショックでした。
それで勝手に背中を押された気になって。
びいブログを見てたくさんの方が楽しんでいただければ嬉しいですね。
 by りんご
うんうん。。
びいさんのつぶやき。
JINさんのつぶやき。^^

シニアGRのブログ
見つけると嬉しくなります♪
でも、不安になったり迷ったり、、もわかります。
もちろん 色々な方との共感できる部分も嬉しいしね

分からなかったことが そうか!って
知ることも出来たり。

そしてね~~~
シニアゴルの かっわゆ~~~~いお顔を
見れるのとても嬉しいのです ♪
**りんごさん** by JIN
最近はゴルの寿命も延びたからかな?
シニアゴルのブログもちょくちょく見かけるようになりましたね。
シニアゴルの何とも言えない表情、かわゆいですからね~。
僕も最近、いろんなブログを見て「なるほど~」って思うことも多々あります。
まあ、びいブログはあんまりそんな情報はないかな?
でも元気なシニアがいる!
そんな記録はあったほうがいいですよね?
これからもびいのブログ、たくさんの方々に支えてもらいながら、頑張ります!

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

病院選びも色々




最近

あちこちのブログを見ていると

獣医さんにも

得意分野とかがあるそうな

まあ、そりゃそうかもね

人間の病院も内科とか整形外科とかあるんだから



そんなことを

「へぇ~」とか

「ほぉ~」とか

思いながらのんきに読んでる飼い主



びいの病院は

もう14年以上のお付き合い

家に来て最初のワクチンからですからね

そもそもこの病院にお世話になるきっかけは

びいを買ったショップの紹介

一度も他の病院に変わることなく

ず~~~~~っとお世話になってます

まあ、それだけ信頼しているというか

全幅の信頼を置いてるといってもいいかな?



腕?

正直腕がいいかどうかはわかりません (素人ですから)

場所?

ちょっと遠いかな(車で1時間弱)

看護師さんが可愛いから?

いえいえ(可愛くないわけではないですよ)

じゃあ、何を根拠に?

って思われるでしょうね

飼い主が先生を信頼してる理由

それは

先生がゴールデンを飼ってる(た)から!

結構、薄弱な根拠のようですが

やっぱり飼ってるからこそわかる健康上の悩みや

ゴールデン特有の病気など

知識だけじゃなく

経験を持ってる先生だと

安心して任せられると思うんですよね

確かにちょっと遠いのはネックではあるんです

(一番近くの獣医さんは車で10分くらいのところ)

でもやっぱり今のところが安心ですね

それはびいの体も証明してくれてるかな?



いくら腕がいいカリスマ獣医でも

ゴールデンを飼った事がない獣医さんには任せられんって思います



・・・・・変?




コメントを見る(6)

 by ミュウママ
変じゃないよぉ~~。
技術だけじゃない。我が子が年老いてくるとひしひしそう思った。
カリスマっていわれて、病院の正面に高級車ずらずら並べてるような先生なんてどうかと思うよ。
それって、誰だ??????
最近テレビにでなくなったなぁ。いいことだわっ。
と、ひとり喜ぶワタシ。

我が家も主治医とはもう16年ちかくのおつきあい。
すっかり信頼関係も絆もできてなんでも言いあえます。
これって大事よね~。
ミュウさんがいるころ、先生も歳が近いラブを飼っていて、
同じような病気もしていて話し会えたし、心強かった。
先生のその犬に対する気持ちも優しかった。
亡くなったときは泣いてましたね。
獣医だって普通の飼い主ですよって。
そういう気持ちを持っている先生でよかった。
今も次のワンコを迎えて大切にしてる。真っ黒プードル。
また似てるワンコをお互い飼ってしまったのね(笑)

飼い主にとって我が子を自分が描いたように治してくれた先生が名医になるんだと思います。
知り合いが我が家の先生に診てもらい納得いかなかったのよ。そしたら私の前でうっかりなのか、わざとなのか
「あんな医者にかかったらおしまい」って言ったの。
「そーねー」とうけながした、ワタシってオトナ(苦笑)
その後ほかの病院に行ったけど、同じ見解、治りませんでした。

獣医さんも大変です。

私はこれからも誰がなんといおうと自分が納得できる、信頼できるこの先生と歩んでいきますよ~。
 by りんご
そうですよね~
わたしも この田舎へ来てから
たった一つの獣医にかかり、もう一つ出来て
両方を使い分けしながら・・でも、だんだんと不信感。。そして、3つ目に出来た獣医さんが とても良くて、メンタルな部分も聞いてくださる。。
これが ホントのことかもしれないけど
嬉しくてね。 ちゃんと説明もしてくれる。。

とても重大な病気になったら
2時間とかかけて病院へ行くのだろうけど
今は、この病院で ^^

ミユウママさんのように
何でも言い合える獣医さんもいいですよね^^

**ミュウママさん** by JIN
そういえばあの人最近見かけませんねぇ。
結構趣味の悪い格好してテレビに出てたような。
(*≧m≦*)ププッ
やっぱりミュウさんの先生もそうでしたかぁ。
同じ(様な)犬種を飼ってる先生ってやっぱり心強いですよね。
飼い主の悩みやらなんやかんや相談できるし。
人間の病院でもそうですが信頼関係を結べるのって大事ですし。
まあ、患者の家族もいろいろですから獣医さんも大変ですよね。
飼い主の目線で接してくれる獣医さんの存在はありがたいです。
**りんごさん** by JIN
やっぱり獣医さんを選ぶのも大事ですからね~。
腕とかも確かに重要でしょうけど、飼い主の立場に立って接してくれる獣医さんは信頼できますよね。
わんこを飼ってるといろいろな悩みや疑問も出てくるし(それが個性だったりもしますが)、いろいろ相談できて、同じ犬種を飼ってるっていうのは心強いと思います。
いくら腕がよくて、カリスマと呼ばれても、飼い主目線で接してくれない人っていうのはちょっと違うと思いますね。
 by じ~な
判るわ~~うちの先生もゴル飼ってたよ。しかも長寿だったこれ重要ー。やっぱ信頼感は大事だよね。
最初からそこにめぐり合えたのもラッキー
びいさんの運のよさだと思うわ!
腕はびいさんの長寿が証明してるではないの~~
**じ~なさん** by JIN
おお~、やっぱりじ~なさんもですかぁ。
やっぱりゴル飼いさんの先生だと安心ですよね。
些細なことでも相談できるし。
ホント、びいの引き運の強さというか、ほんと、ラッキーでした。
腕もやっぱいいんですよね。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

JINⅡ

Author:JINⅡ
お爺ゴル
びいの飼い主

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。