スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメントを見る(-)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

しいな、安らかに・・・




友達の家のゴールデン、しいなが死んだらしい

共通の友達から聞いたんですが・・・

白くてくりくりお目目のしいな

くりくりコートの美人さんでした

びいより1歳近く年上だったはず

しいなに出会わなかったらびいとの出会いはなかった・・・

しいながいなかったら今のびいとの生活もなかった・・・

お互いにワンコ嫌いなのでご対面したのは2回だけ

びいのお散歩解禁のときに会いに行ったのと

びいが12歳のとき

ちょっと用事があっていっしょにいったとき

いっしょに遊んだ事はないけど

特別なワンコのしいな

最後は顔に腫瘍ができて

安楽死という道を家族が選択したらしい



家の先代ニャンコ

3歳半で死んだんですけど

ちょうど冬休みに看病していて

学校が始まった日

親がもう一度病院に連れて行くっていって・・・

冷たくなって帰ってきた

元気だった頃は6キロあったのに

最後のほうは3キロに

今思えば安楽死させたんかなぁ・・・



親を責めるつもりはない

しいなの家族を責めるつもりも毛頭ない

でも

「安楽死」という道を選択したって聞いたとき

なんかちょっと寂しかった・・・




続きを読む
スポンサーサイト

コメントを見る(6)

 by ミュウママ
ミュウさんが若いころ、主治医の先生に急に安楽死について「どう思う?」と突然聞かれたことがあります。
主治医の先生と勤務する先生との間で意見が分かれたらしく、飼い主としてはどうなのかと意見を求められたのね。
若い獣医師は最期までできる限り治療することが医師の使命だと。
主治医の先生はもう苦しみしかない場合はそれから解き放つことも治療、医師の使命だと。
私もミュウも若かったからその時は安楽死は絶対いやだと思ってた。
自分で我が子の命を絶つみたいでできないと答えた。
でもね、ミュウさんが高齢になってから考えは変わりました。
痛みしかない、苦しみしかないのに、いつまでも自分のそばにいてほしいから
延命するのは飼い主のエゴかなと。犬として犬らしくいるうちに感謝をこめて穏やかに逝かせてあげる、
痛みや苦しみから解放してあげることも最後の思いやり、優しさかなと思うようになりました。
でも実際ミュウさんがそうなったとき、決断できたかは自信がなかったけど。
そうならなくてよかったとも思ってるけど。

安楽死はありだ思います。辛いけど。。
ミュウさんが心臓発作を起こす可能性があって、マッサージの仕方も教えてもらってはいたけど、
穏やかにいけそうならしないって先生とも話合って決めていました。
これもひとつの安楽死かもしれませんね。
でも、ミュウさん、強かった(笑)
そういう心配やら不安を全部吹き飛ばしてくれちゃったからねぇ。

自然に穏やかにまっとうできるのがいいよね、ほんとうに。
機会があるときに獣医さんともお話してみるといいよ。
よく理解できると思います。
飼い主もつらいけど、獣医さんも辛いのだ。
またまた長々ごめんね~。

しいなちゃんのご冥福をお祈りします。
しいなちゃん、頑張ったよ、えらかったね。
**ミュウママさん** by JIN
しいなにお悔やみ、ありがとうございます。
ホント、がんばりましたよね。

難しい問題だと思います。
「安楽死」。
決して間違った選択肢じゃないって事はわかってるんですが。
しいなの事を教えてくれた友達も複雑な表情をしてました。
でも、一番つらい選択をしたのは家族だし、獣医さんもつらいですよね。
この先苦しみしかない・・・。
そんな時、自分ならどうするか・・・。
犬が犬らしくって気持ちもあるし。
今までいっしょに暮らしてきた家族だから、家族だからこそ一番いいと思って出した答え。
しいなの事を思って家族が導いた答えですから。
しいなもありがとうって言ってると・・・。
ミュウさん、ホント、強い子!
孝行娘ですね。

いえいえ、いつもありがとうございます。
それも朝早くから。(*≧m≦*)ププッ
 by りんご
しいなちゃん
家族に愛されて愛されて長生きもできて
幸せだったでしょうね。。

安楽死ですか。。。
ご家族もすごくすごく悩んで決断されたのでしょうね。
先代GRの看護が10ヶ月ほど長引いて本犬も寝れないし
つらそうな日が続きました。。
安楽死を考えたこともありましたが
やっぱり、最期までこの手で。。。と。
我が家で最期を看取ることができました。
あの時、安楽死させていたら
その後。自分の中では複雑ない思いが消えないだろうと・・自分を納得させるのもなかなか出来ないのでは・・と思うことも。。。

でも、苦しいのはつらいし。。
完治しないで苦しいのが続くなら
安楽死も考えますね。。。
 
**りんごさん** by JIN
しいな、がんばりましたよね。
家族の愛情たっぷりで幸せ者です。

でも、安楽死、つらい選択ですよね。
ものすごく勇気の必要な選択だったと思います。

マック君(ですよね?)、10ヶ月・・・。
がんばりましたね。
りんごさんも。
安楽死っていう選択肢もあると思うんですが。
そのときの状況にもよりますがつらい選択になりますよね。
その先に光があればいいですが、先の事はわからないし。
苦しみしかないのなら・・・、必要な選択肢なんでしょうけど。
でも今の僕にはその勇気が・・・、あるとはいえないですね。
 by じ~な
まずはしいなちゃん、大往生ですね。でもやっぱり淋しいよね。ご冥福をお祈りします。
考え方ひとつだと思うけど、ワンは苦しいから殺してくれって考えはないと思うの。痛みが酷くてとかなら私も相当悩むと思う。しいなちゃんと同じ病気で友達のゴルが亡くなった事ある。かわいい顔がどんどん変わっていくのを見るのはめちゃくちゃ辛かったけど
いつものお茶目なままでね、友達は悩みながらも最後まで面倒見てました。
私も毎回もう悪くなるだけと判っているのに生かすのは私のエゴ?とか悩むけど、今まで安楽死っていう選択しなくて済んでる事ありがたいと思ってます。
安楽死させた経験のあるお友達は、8年たつけどいまだにそのこの話をして泣くし、ワンを迎えてません。
私の犬はあの子だけって。同じ愛。なのに辛い状態が続いててみてて切ないです。したくないよね、やっぱり。
**じ~なさん** by JIN
しいなにありがとうございます。
僕にとってしいなは特別な存在なので寂しいですね。

辛い選択だったと思います。
他のブログで同じような子を見かけましたが、かなり痛々しくてご家族の心痛も本犬も相当な心痛だと思います。
安楽死、やっぱり罪の意識というか、自分の手で殺したっていう感情が芽生えてしまうんですね。
元気で楽しいことだけじゃなく、辛いこと、悲しいことも含めてのワンコとの生活。
って、わかってても・・・。
そういう選択肢が突きつけられないようにいてほしいですね。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

実は・・・

  • 2010年08月22日(日)
  • 健康



8月16日

ちょっくら病院に行ってきました

まあ

たいした事ではなかったんですが



川遊びから帰ってきて

シャンプーしてドライをしてるとき

びいの後ろ足の指の間がプックリと膨れてました

大きさは直径5ミリくらい

その時点ですでに診察時間が終わってたので

月曜日に病院に行く事に

翌日にはプックリが半分くらいに

そして

月曜日の朝にはプックリはなし

赤みが残ってる程度だったんですが

月曜の朝にはもうひとつ問題が発生!

朝起きたときに

びいの左目から大量の目やにが















2010.08.16
(こんな感じ)

















足と目を診察してもらいました

結果はたいした事がなくて

目薬とお薬をもらって終了

(昨日病院に行って再診してもらいましたが

足のほうは経過良好、おそらく虫刺され

目のほうはまだ目薬が必要)

それともうひとつ気になってた事が・・・



それは体重なんです



川の動画を見て気づかれた方がいるかもしれませんが

実は体重が激減してました

今年の初めの頃は34~35キロあった体重が

この前の緊急手術の時には31キロ!

食べる量が減ったわけでもなく

運動も控えめにしてたのに・・・

っていう事は

脳梗塞になって

体を元の状態に戻そうと

びいの体の中でものすごい量のエネルギーが消費されてたって事?

もうねぇ

おなかの辺りなんかうらやましいのを通り越して

病的な感じでへこんでたんですよ

なので気になって16日

体重測定してもらいました

結果は32キロ

ちょっと復活



シニアになってくると

倒れたり、調子を崩したりしたときに

ガクンッ!っと調子が落ちて

復活したとしても

調子が落ちたところからスタートしてまた老化が進むらしい



覆してみるか?



まあ、無理させられるような歳でもないし

体重がちょっとは戻ってきたって事はいい事だし

涼しくなってもう少し動けるようになったら

落ちた筋肉もちょっとでいいから戻って欲しいなぁ





コメントを見る(4)

 by りんご
びいさん、目やにとアンヨの指の間
たいしたことがなくて良かったですね^^

体重・・そうなんですか~。。
体重が減るのは嬉しいけど、こんな事情で減るのは良くないですよね。
ちょっとでも戻ってよかった!!!^^
涼しくなったら お散歩で筋力もUPしますよね♪

**りんごさん** by JIN
そうなんですよ~。
足と目はよかったんですが・・・。
体重が・・・。
脳梗塞になって最初のシャンプーのとき、びっくりするくらいおなかがへこんでて・・・。
ものすごいエネルギーを使ったんですね。
体重もあんまり減りすぎると、なんかあったときの余力がなくなるらしいです。
今のびいは結構ギリギリだったりして。
なのでちょっとだけでも戻ってたのはいい事ですよね。
あとは、もう少し涼しくなって動いて増えたらいうことなし!
なんですけどね~。
増えるかなぁ。
 by ミュウママ
JINさん、元気だしてね、落ち込まないでよ。
て、いいつつ、ちょっと落ち込ませること言っちゃうかもしれないけど。

びいさんのお歳になればいろんなこと出てくるよね。
ほんとにささいなことから次々と。
これは仕方ないこと。どんと構えてくださいな。
ミュウさんも晩年、ご存知のように?(笑)いやしいほどの食欲の持ち主でしたけど
、体重減っていきましたね。
それは脂肪が減っていくこともあるけど、やはり筋肉が落ちていくみたいです。
腰とお腹のあたリ、いちばんに現れてました。
だけど、元気でしたよ。落ちたなりに体のバランスがとれていたんじゃないかな、と思ってます。

目。ミュウさんも眼やにが出て診察受けました。
やはり目の周りの筋肉が落ちて下側の目のふちが目の中に向かってはいっちゃうんです。
で、下まつ毛が逆さまつ毛のような感じで目に触れて傷つけてしまい、眼やにがでるの。
ちょっと症状が似てる気がします。眼やにの感じも。
もしそうであって完璧に治すには手術です。
でもミュウさん、目薬つけているだけでそんなに悪化しませんでしたよ。
びいさんも気をつけてば大丈夫よ。
涼しくなったら復活しますよ~。びいさんだもん。

長々とごめんね。
なにか参考になったら幸い~。
**ミュウママさん** by JIN
いや~、あのおなかのへこみ方、心配になりましたね。
でもちょっと戻ってくれたし。
シニアになると増やしたくても増えないって以前ミュウママさんが言ってましたよね?
びいは増えてたからまだ吸収する力が残ってるって事?と思ってちょっとだけ安心。
目、っていうか、顔の筋肉も衰えますからね。
びいも目の下側に隙間があいてそこから菌や埃、まつげなんかも入るようですね。
今回のは多分川遊びの影響かな?って事になってるんですが。
まあ、目薬で落ち着いたらそういうことになるかな?
いえいえ、いつも親身になっていろいろコメントしてくださるのはありがたいですよ。

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

サイン

  • 2010年08月15日(日)
  • 健康



いかん、いかん

ほったらかしにしてたら広告が出てしもた

日々チェックしていただいてた方々 すんまそん



さて

まだまだアツ~イ日が続いてますね

今年の夏はハンパねぇ暑さで体調を崩すワンコも結構いるとかいないとか

まあ

びいは暑さにも負けず元気ですが

元気だからといって遊び続けてると熱中症になったりしてこの時期は怖いですよね

歩くとフラフラしたりとか

ヨダレを大量に垂れるとか

熱中症の症状は知ってても

その前に何かしらサインをワンコは出してるはず

びいが脳梗塞になって

普段の何気ない事にも結構注意するようになった飼い主

例えば歩いてるときのしっぽの動き

しなるように動いてるときはいいけど

棒状になったまま素早く動いてるときは必死でバランスを取ろうとしてるんだな とか

(動画が撮れればよかったんですが)

例えば立ち姿

体がふらつきかけてるときや

足腰が弱ってるときや疲れてるとき

踏ん張りが利かないときは足の幅が広くなってる とか



以前病院で先生が

「大型犬はどうしても無理をしてがんばりすぎてしまうから」

と、おっしゃってましたが

普段気付きにくいようなことでも

ワンコは何かしらのサインを出してるはずなので

飼い主がそれに気付いて

楽しく遊ぶだけじゃなく

時にはブレーキにもなってやらないといけないんですね

って言いながら

結構難しい事なんですけどね



このあいだ従兄弟が来たときに

びいの歩く姿を見て

歩き方がちょっとおかしない?

って言ったんですが

(従兄弟はびいが脳梗塞になった事は知らなかった)

脳梗塞から元気に復活したびいではありますが

後遺症が皆無ってわけじゃなくて

結構歩き方が雑だったりします

いつも見てるとわかりにくい変化も

たまに見ると違いがわかったりするので

動画って便利だと思いますよ

たまに表ブログで

お散歩動画を載せてますが

もちろん元気アピールの意味もありますが

歩様のチェックの意味もあります

ブログをやってないと

こんな事もしてなかったんだろうなぁと思うと

やっててよかったと思います

っと、まあ

ワンコと長く付き合うため

飼い主は日々細かい変化にも注意しないといけない!

って言ってる飼い主JINが一番危うかったりして ゛(6 ̄  ̄)




コメントを見る(2)

 by ミュウママ
一病息災っていいますよね。
ひとつ病気したりすると気をつけるようになって、
意外と現状維持できる。
私もミュウさんが高齢になってから増して体の観察はするようにしてましたね。
お散歩もオットさんが一緒のときはオットさんにリードを持ってもらい、
私は前後左右を歩いて歩き方とかを見ました。
ご近所さんの大型犬と一緒に歩くときは見比べたりもしましたよ(悪い意味ではなく)
友達にも気がついたことあったら言ってねといつもお願いしてました。
だから、たくさん悪いところもあったけど、大事にならずに過ごせたと思います。
優来も毎日体全体をさわるのはもちろん、食欲から、しっこ、
うんぴーちゃんもきちんと見ますよ~。
楽しいことだけ一緒、ではだめなんですよね。
ミュウさんとの暮らしで学んだひとつです。
でも、大丈夫、JINさん、ちゃーんと観察してると思う。
これからも続けましょ。
実は表ブログのコメントにびいさんの後ろ足が弱くなったんじゃないかって書いてしまって。
ああ、JINさんに心配させるようなことしちゃったかな、と気にしてました。
でもびいさんのこと、思ってなので、お許しを。
**ミュウママさん** by JIN
いえいえ、全然大丈夫!
っていうか、むしろありがたいくらいですよ。
しっかり見ていただいてるんだな、心配していただいてるんだなぁって。
びいの後ろ足、かなり衰えてきてるんですよね。
それに股関節もゆるく?なってるのか。
特に左足は去年の春先に痛めてから弱いようです。
(忙しい時期だったので記事にはしてませんが)
毎日のチェックも大事ですよね。
僕はびいが初めてのワンコ、なので教えられる事は多いと同時にびいにかわいそうな思いをさせてやしないかとも思います。
いつも見てると気付かないちょっとした変化もブログのおかげでわかったりするので便利ですしね。
(どーですか? 大きなお世話?(*≧m≦*)ププッ)
本当にいつもありがとうございます。
これからもビシビシッお願いしますよ。
(お手柔らかにね)

コメントを書く

▲このページのトップへ戻る

プロフィール

JINⅡ

Author:JINⅡ
お爺ゴル
びいの飼い主

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

FC2カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。